本文へ目次へ

インデックス

事業案内
製品情報
施設予約CGI Pro Ver.2
施設予約CGI Standard Ver.2
のえあ Ver.1
As Board
予定表CGI & 追加モジュール
施設予約CGI Ver.1
ATOK用 和英単語変換辞書
Boss Comming
MD5 Checker
Sample Data Builder
その他の事例紹介
お問い合わせ
Resource
FAQ(よくあるご質問)
ドキュメント
更新情報
サイトマップ
プライバシーポリシー
特定商取引法に基づく表示
会社概要
トップページProducts ≫ ATOK用 和英単語変換辞書

ATOK用 和英単語変換辞書

ATOKに日本語の単語を英単語に変換する機能を追加可能なフリーの辞書。

Topics

  • 無料で使用可能です
  • ワンキーで変換できるようになります
  • 英単語のスペルに自信がないときなどに最適です。

ページ移動タブ

概要

概要

辞書変換イメージ

この辞書ファイルを入れる事で、左記のような変換を行えるようになります。 おおよそ14万単語登録されています。

ATOKは標準でカタカナ語を英単語に変換する事ができますが、日本語の英単語変換は追加辞書の購入が必要になります。 この辞書にそこまでの機能はありませんが、単語単位の単純な変換を可能にします。

同音異義語が多く含まれるため、ある程度は英単語の意味を知らないと使いづらいかも知れません。

辞書のデータはEDICTを利用させていただいています。 EDICTに関する情報はリンク先のページを参照してください。

基本的にはEDICTのデータを機械的にATOKの辞書データに変換しているだけですが、いくつか省かれている単語もあります。

  1. 読みにアルファベットが含まれるもの(ATOKの制限)
  2. 人名(「たなか」→「Tanaka」など、ただのローマ字変換のため)
  3. 読み、もしくは単語が長すぎるもの(「脳下垂体アデニル酸シクラーゼ活性化ポリペプチド」や「paper and sacred sakaki branches cut and mixed with rice to scatter before the gods」など。ATOKの制限)

なお、登録ミス等の可能性もありますので、必ず自己責任で使用してください。

辞書はATOK16用に作成していますが、それ以降のバージョンであれば、変換することで使用できます。辞書の変換方法はATOKのマニュアルを参照してください。下記登録方法も、ATOK16をベースに記述されていますが、それ以降のバージョンも基本的には同じです。

登録方法

  1. ダウンロードしたファイルを実行し、任意の場所にファイルを解凍します。
  2. ATOKを起動した状態(漢字入力ができる状態)で「Ctrl+F12」を押すと、「ATOK16のプロパティ」が表示されますので、「辞書・学習」のタブをクリックします。
  3. 右上に表示されている「辞書セット一覧を表示」のチェックボックスにチェックを入れます。(すでに入っていれば問題ありません)
  4. 左側の「辞書セット一覧」から「辞書セット5」を選択し、右側の「追加」をクリックします。
  5. 表示された「辞書の追加」ダイアログの「その他」をクリックし、先ほど解凍した"Edict.dic"ファイルを選択します。
  6. 辞書のリストの中に「Edict日英変換辞書」が追加されるので、それを選択して、「追加」をクリックします。
  7. 辞書セットの「Edict日英変換辞書」の左のチェックボックスにチェックが入っている事を確認し、「OK」をクリックします。

以上の作業で、変換時に「F5」を押す事で英単語への変換が行えるようになります。