本文へ目次へ

インデックス

事業案内
製品情報
施設予約CGI Pro Ver.2
施設予約CGI Standard Ver.2
のえあ Ver.1
As Board
予定表CGI & 追加モジュール
施設予約CGI Ver.1
ATOK用 和英単語変換辞書
Boss Comming
MD5 Checker
Sample Data Builder
その他の事例紹介
お問い合わせ
Resource
FAQ(よくあるご質問)
ドキュメント
更新情報
サイトマップ
プライバシーポリシー
特定商取引法に基づく表示
会社概要
トップページProducts ≫ 施設予約CGI Standard Ver.2

施設予約CGI Standard Ver.2

施設の予約管理をオンライン化。管理の手間を大幅に効率化できます。

Topics

  • 一目で予約状況がわかるグラフィカルな表示
  • 携帯電話からの申請、予約確認も可能
  • 簡単でわかりやすいインターフェイスと管理機能
  • メール、携帯によるリアルタイムな管理
  • 申込順自動処理や利用可能時間帯等の柔軟な施設設定

ページ移動タブ

概要

施設予約CGI Ver.2 スクリーンショット

施設予約CGI利用イメージ
(クリックすると実寸表示)

会社施設や公民館などの会議室や施設の予約の申請受付、予約状況の公開、管理をインターネット上で行うためのCGIです。利用者の利便性向上と共に、管理コストの削減が可能です。

施設予約CGI Ver.1の機能アップ版になりますが、プログラムはすべて書き直しています。施設の予約可能時間帯の設定機能などが主な強化点ですが、Ver.1系列は今後、バージョンアップの予定がないため、こちらのVer.2をお勧めいたします。具体的な変更点は『Ver.1との機能比較』をご覧ください。

Flash動画による動作デモを見る >>


一目で予約状況がわかるグラフィカルな表示

概要のホバー表示(スクリーンショット)

概要のホバー表示

各施設の予約状況は、バーを使ってグラフ表示されます。すべての施設の予約されている時間帯と空いている時間帯が一目でわかり、非常に一覧性が高くなっています(最大100施設まで表示できます)。

また、詳細を確認したい予定のグラフ部分をクリックするだけで、時間帯と予定の概要がホバー表示されます。 バーからカーソルを外せばホバー表示も消えるため、邪魔になりません。

グラフの下には、入っている予定がテキストでリスト表示されるため(設定により、表示・非表示の切り替え可)、予定の内容を含めて一覧で見たいとき、内容をコピーして別の文書で使用したいときなどにも便利です。

携帯電話からの申請、予約確認も可能

携帯端末による表示(スクリーンショット)

携帯端末による表示
(クリックすると実寸表示)

携帯電話にも対応しているため、PCが無くても予約の申請、確認が可能です。(DoCoMoのi-modeとauのEzWeb、Vodafoneに対応します。EzWebは2003年以降発売の第三世代携帯(WAP2.0)のみに対応しています。 HDML機はキャリアのゲートウェイでの自動変換になりますが、1日に大量の予定が入っている場合や、概要が長い場合には表示できないことがあります)

小さな画面では逆に見づらくなるため、画像によるグラフ表示は行いませんが、フルブラウザ等が利用可能な、高機能タイプの携帯端末であれば、PCと同様の表示も可能です。(スクリーンショットはi-modeの画面です。他のキャリアの場合は若干異なりますが、基本的には同内容の表示です)

簡単でわかりやすいインターフェイスと管理機能

利用申請画面(スクリーンショット)

利用申請画面
(クリックすると拡大表示)

利用申請は時間帯の選択と内容を入力するだけの簡単設計。初めての人でも容易に使うことができます。(サポート対象外ですが、若干の知識があれば必須項目の変更も可能です)

CGIの設置作業にはある程度の知識が必要ですが、利用申請の処理、予約管理等の管理自体には特別な知識、技術は不要で、インターネットの掲示板を使える程度のインターネットの使用経験があれば誰でも管理者になることが可能です。


メール、携帯によるリアルタイムな管理

申請のあった内容は管理者宛にすぐにメールで通知することが可能です。 メールには申請のあった『施設』・『時間帯』・『概要』のほか、申請者の情報とアクセスするだけで認可・拒否を行えるURLが記載されています。 わざわざ管理画面にログインしなくても、そのURLにアクセスするだけで処理が可能なため、携帯からの管理も可能です。(携帯から行える管理は、予約の許認可のみです。すべての管理者機能が使えるわけではありません)

許認可の結果は、申請者宛に自動でお知らせメールが送られますので、結果をわざわざ知らせるような手間も不要です。また、認可時に予約概要を書き換えたり、お知らせメールに追記する内容を記入することも可能です。

申請処理プロセス

申込順自動処理や利用可能時間等の柔軟な施設設定

利用申請画面(スクリーンショット)

新規施設登録画面
(クリックすると拡大表示)

施設の設定を申し込み順に設定することで、管理者が認可の処理を行わなくても、空いている時間帯であれば先着順に自動で予定を入れることも可能です。また、曜日、祝日ごとの利用可能時間帯設定の他、その間に利用できない時間帯(昼休み等)を設定することも可能です。

特定日のみの休業日、休業時間の設定も個別に行うことができますので、柔軟な施設運用が少ない手間で行えます。