本文へ目次へ
トップページProducts ≫ Active File List

Active File List

指定のローカルフォルダに存在する
ファイルのリストをHTMLで作成するツールです

Topics

  • ファイルのリストをツリー形式でHTMLに出力
  • JavaScriptでツリーの開閉が可能
  • ファイルの拡張子ごとにアイコンを表示
  • アイコン画像も含め単一ファイルに出力

ページ移動タブ

概要

概要

生成ファイル スクリーンショット

使用イメージ スクリーンショット

指定パスに存在するファイルのリストを作成し、HTMLファイルへ出力します。

一般的なのテキスト形式のリストの場合、ファイル数が多くなると解りにくくなるため、フォルダの階層構造のままに出力できるように作成しました。

どのような形のHTMLファイルが作成されるかはサンプルファイルをご覧ください。

一般的なファイルリスト作成ソフトと比較して、以下のような特徴があります。

  • フォルダの階層構造そのままにツリー形式で出力
  • ツリーの開閉が行えるためネストが深い場合でも構造が把握しやすくなります
  • ファイルの種類ごとにアイコンの表示が可能(CSSを書き替えることで、対応ファイルを増やすことができます)
  • JavaScriptやCSS、アイコン画像も含めて単一のHTMLファイルに含めて出力するため、リストファイルを扱いやすい

機能的には非常にシンプルで、設定らしい設定はほぼ存在しません。テキスト形式やCSVファイルでの出力機能もありません(他の方々が便利なフリーソフトを公開されていますので、そちらをご利用ください)。

基本的に、ファイル数が多く、フォルダ構造が複雑な場合やドキュメントにファイルリストを含めたい場合などに使用することを想定しています。

なお、ツリーの開閉機能を提供するJavaScriptファイルやCSSファイルは外部ファイルとなっていますので、 アイコンに対応する拡張子を増やすことや、JavaScriptの動作の変更などは簡単に行えます。