施設予約CGI Ver.2とPro版の機能比較

施設予約CGI Standard版とPro版の大まかな違いは以下のようになります。

機能面では、Pro版はStandard版の上位互換となりますので、基本的にStandard版でできてPro版でできないことはありませんが、微妙に変更を加えているところもありますので、気になる場合はマニュアルを熟読してください。 例外として、Pro版ではデータのエクスポート機能を省いています。(データベースサーバーを利用しているため。詳細はマニュアルをご覧ください)

機能 Standard版 Ver.2 Pro版
設定方法 ブラウザからGUIで可能 ブラウザからGUIで可能
携帯電話への対応*1 DoCoMo, au*2, Softbank DoCoMo, au*2, Softbank
予約可能時間の設定
特定日へのコメント設定
運用開始後の施設表示順の変更
予約登録後の予約編集 ○(予約概要のみ) ◎(時間帯・施設も変更可)
申請許可時の予約概要編集
カレンダーの表示
予約可能時間数の制限
施設の表示・非表示の切り替え
予約可能になる時期の設定
利用者による申請の禁止(閲覧のみ)
特定日の休業設定 *3
連絡メールのテンプレート設定
CSVファイルでのデータ取得
データ記録方法 DB_File(Perlモジュール) SQLite, MySQL
施設利用料金の管理 ×
利用者による予約の削除 × *4
予約の一覧表示・一括削除 ×
予約の複数日一括登録 ×
申請の一括処理 ×
携帯電話による管理 × *5
グラフの縦方向表示 ×
週間単位の表示 ×
価格 ¥2,500 ¥23,100

*1:基本的には各キャリアの提供するエミュレータベースであり、全ての機種での動作を保証する物ではありません。なお、Softbankの提供するエミュレータは実機とは異なるUserAgentを出力します。エミュレータで普通にアクセスした場合はSoftbankとして認識されませんので注意してください。

*2: 2003年以降発売のWAP2.0対応機種になります。 CGI自体はHDMLを生成しませんので、DHML機種はキャリアのゲートウェイでの自動変換になります。 また、ページ容量が2KBに制限されるため、ページによっては正常に表示されない場合も考えられます。

*3:同日の休業を全施設一括で登録可能。Standard版では、施設ごとに設定が必要です。

*4:申請時入力のパスワードによる削除。先着順施設で、全般設定で削除許可している場合のみ。

*5:一部機能のみ。施設登録・設定や全般設定等はPCでのアクセスが必要です。